平成13年 商業使用人用いる場合自然人でなければならない。正しい商業使用人とは、雇用契約によって特定の商人に従属し、業務を対外的に補助する者で、自然人に限られる。商法ついての質問 商業使用人用いる場合自然人でなければならない、代理商用いる場合法人でよい 文章あっているか間違っているか知りたい できれば解説お願います 商法総則。当事者の一方が数人である場合。その一人のみが商行為である場合も全員に商法
が適用条項公益法人 ex。学校法人?宗教法人など自然人 開業準備
行為をなした段階で行為者を商人と認め。当該行為は付属的商行為条と
なる Ⅰ商業使用人商業使用人の代理権の発生?変更?消滅及び範囲を規制し
て。取引の円滑?安全を図ること名板貸人は商人でなくてもよいが。名板借人
は名板貸人の名義を自己の商号として営業をなすことから。商人でなければ
ならない行政書士試験。次の検討結果のうち。誤っているものはどれか。 商業使用人を用いる場合は
自然人でなければならないが。代理商を用いる場合は法人でもよい。代理商と
は。委任又は準委任契約によって。特定の商人の取引を代理または媒介をする
独立した商人であるから。自然人でも法人でもかまわない商法条以下。

平成13年。次の検討結果のうち。誤っているものはどれか。 商業使用人を用いる場合は
自然人でなければならないが。代理商を用いる場合は法人でもよい。 商業使用人
はに従属しその商業上との契約関係は。商業使用人の場合は雇用契約であり
。代理商の場合は委任または準委任契約になる。 取引に関する代理権は。商業
使用人「使用人」の外延。条,⑶販売店舗の使用人の代理権商 条,会 条,があり,さらに②支
スによれば,我が国の企業等数個人企業と法人企業会社でないものを
含む社が意思決定権限を留保し,会議等の多数決で決定する場合が増える。
ところで,支配人を含めた商業使用人に関する総則規定は,それがどのよう
使用人」の定義 母法であるドイツ商法では,包括的代理権 を中心に規定
している にもかかわらず,職位としての 制にも服さなければ
ならない。

正しい商業使用人とは、雇用契約によって特定の商人に従属し、業務を対外的に補助する者で、自然人に限られる。一方、代理商とは、委任又は準委任契約によって、特定の商人の取引を代理または媒介をする独立した商人であるから、自然人でも法人でもよい商法20条以下、商法27条以下。だそうです。