H21法規252級建築士学科試験問題 建築士事務所の開設。4番が間違い建築士法。下記の建築法規の問題法令集の見れば解け 、答え番なり 次の記述のうち、建築士法上、誤っているのどれか 1 建築士事務所管理する管理建築士、建築士 て建築物の設計、工事監理等関する業務3年以上従事た後、登録講習機関行う管理建築士講習の課程修了た建築士でなければならない 2 建築士事務所の開設者、委託者の許諾得た場合であって、委託受けた設計又工事監理の業務建築士事務所の開設者以外の者再委託するこ禁止されている 3 建築士事務所の開設者、設計受託契約前、あらかじめ、当該建築主対、管理建築士等て、作成する設計図書の種類、当該設計従事する建築士の氏名、者の建築士の資格の別、報酬の額及び支払の時期等記載た書面交付て、らの重要事項の説明させなければならない 4 建築士事務所属する建築士当該建築士事務所の業務て作成た設計図書又工事監理報告書で、建築士事務所の開設者保存なければならないのの保存期間、当該図書作成た日10年間である H21法規252級建築士学科試験問題。建築士事務所を管理する管理建築士は。建築士として建築物の設計。工事監理等
に関する業務に年以上従事した後。登録講習機関が建築士事務所の開設者は
。設計受託契約の前に。あらかじめ。当該建築主に対し。管理設計士等をして。
作成する設計図書の種類。当該設計に従事する建築士の氏名。その者の建築士の
資格の別。報酬の額及び支払いの時期等を記載した書面を交付し

建築士事務所を運営していく上での注意事項。※ 受託契約について書面を相互に交付した場合は。法第条の8の書面の交付を
行う必 要はないものとする。 設計受託契約にあっては。作成する設計図書の
種類 工事監理受託契約にあって建築士法第24条の7に基づく重要事項説明について。建築士法第条のに基づき建築士事務所の開設者は。設計業務又は工事監理
業務を受託する際は。あらかじめ建築主に対し。書面本市と契約締結前に重要
事項説明に係る書面を作成し。委託担当課へ説明のうえ提出するようお願い
いたします。当該建築主に対し。管理建築士その他の当該建築士事務所に
属する建築士次項において「管理建築士等」という。三 当該設計又は工事
監理に従事することとなる建築士の氏名及びその者の一級建築士。二級建築士
又は木造建築士の別

4番が間違い建築士法 第21条5項5 建築士事務所の開設者は、法第二十四条の四第二項に規定する図書を作成した日から起算して十五年間当該図書を保存しなければならない。

  • 知らないと損する敬語表現 理由としはまだ相手のことを知ら
  • アヴィレックス 男子大学生がパーカー全開の下に来てたらヤ
  • Pixel Googleのpixel5や4a5Gの発売が
  • 男子のホンネ 女子高校生がとある男子高校生のことが好きで
  • STUDIO あと四番目の誤文訂正と解説お願いしたいです