sinθ+cosθ=C sinθの値求める問題。x=cosθy=sinθPx,yは単位円x2+y2=1。数学 cosθ sinθの値求める問題 sinθ+cosθ=0 5 三角関数の基本[弧度法で表されたθを用いてsinΘ,cosΘ,tanΘの値を。Θ。Θ。Θをまとめて。θの三角関数といいます。三角比と関数の概念を
組み合わせたものです。 練習問題1 のとき。Θ。Θ。Θの値を求め
なさい。 まず。弧度法による角の表し方が理解できているかを確認sinθ+cosθ→sinθcosθ。しかし,θ , θ の値は,θ+θ= の関係式で結ばれており,この関係
を利用すると, ______θ+θ のの変形を利用する問題もよく出題される
. 例1 θ+θ= のとき,θ θ の値は次のようにして求められる.sinθ+cosθ=C。から,対称式の値を求めることができる. また,θ+

高校数学Ⅰ「三角比からの角度の求め方1sinθ」。今回は。その逆をやろう。「三角比の値?角度」を求めるんだ。具体的には。
こんな問題が出てくるよ。 例題 高校数学Ⅰ 三角比 例題 _ θ
の値が1/2 と分かっている状態から。 角度θを求める 問題だね。 三角比の
方程式標準三角関数の値。ここでは。角度から三角関数の値を求めたり。三角関数の値から角度を求める
問題を見ていきます。 目次 角度から広告 ※ お知らせ。筑駒中入試
の整数問題を数学の問題と思って解く。という動画を公開しました。sin,cos,tanの値の覚え方。この値を覚える方法はありませんか? というご質問ですね。 解説 ?三角比
の値の求め方? θ,θ,θ

質問数学高校:sinθ。質問〕θ+θ=°≦θ≦°の時。θ。θ の値を求める問題で。
解説では直線 += と単位円との交点を求めればよいと書いていました。

x=cosθy=sinθPx,yは単位円x2+y2=1 ①上の点である。直線x+y=1と①との交点Q,Rを求める。x-y=k ②とおき直線②が点Q,Rを通るときのkを求める。cosθ – sinθ^2 + cosθ + sinθ^2 = 2 {cosθ^2 + sinθ^2}cosθ + sinθ = 0.5 , cosθ^2 + sinθ^2 = 1 より、cosθ – sinθ^2 + 0.5^2 = 2?1cosθ – sinθ = ±√2?1 – 0.5^2 = ±√2 – 1/4 = √7/4 = ±√7/2sinθ+cosθ=1/2 ‥‥①、cosθ-sinθ=k ‥‥②、とする。①と②の和と差を作ると、cosθ=2k+1/4、sinθ=1-2k/4 ‥‥③従って、これを、sin^2θ+cos^2θ=1に代入すると、k^2=7/4.θに条件がないから、0≦θ<2πとして良いから、k=±√7/2.まず、sinθとcosθの符号を調べます。sinθ+cosθ=√2{1/√2sinθ+1/√2cosθ} =√2 sinθ+π/4 =1/2よりsinθ+π/4=1/2√21/√2となり、mを整数として2mπθ+π/42mπ+π/4または2m+1π-π/4θ+π/42m+1πです。∴2mπ -π/4θ2mπまたは2m+1π -π/2θ2m+1π -π/4 2mπ -π/4θ2mπの場合はcosθ0,sinθ0で、2m+1π -π/2θ2m+1π -π/4の場合はsinθ0,cosθ0です。さて、sinθ+cosθ=1/2を2乗するとsinθ+cosθ^2=1/4です。 sin^2θ+cos^2θ=1なので1+2sinθcosθ=1/4 ∴2sinθcosθ=-3/4 …① ∴sin^2θ+cos^2θ-2sinθcosθ=7/4 ∴cosθ-sinθ^2=7/4 ∴cosθ-sinθ=±√7/2よって、2mπ -π/4θ2mπの場合はcosθ-sinθ=+√7/2、2m+1π -π/2θ2m+1π -π/4の場合はcosθ-sinθ=-√7/2です。計算方法を示します。sinθ+cosθ^2=1+2sinθcosθ=0.5^2よって、2sinθcosθが求められ、÷2でsinθcosθも求められます。cosθ-sinθ^2=1-2sinθcosθ←上で求めたものを代入したら求められます。それがあなたの求めたい答えの2乗です。では、答えは?