焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化 欧米側の視点で。その番組は見てないですが、中東にはイランより悪い独裁国家はありますね。イランの独裁体制欧米側の二枚舌ついて質問 NHKBS世界のドキュメンタリー「BS世界のドキュメンタリー「イラン 禁断の扉」で、イランイスラム教シーア派の戒律元た厳格な宗教国家で、か死刑執行数中国次ぐ多い国だ取り上げていた
そて、番組で、イラン宗教的独裁国家比喩て批判ている、ふ思った
欧米側の視点であり、欧米側の価値観イラン押付けるの間違いでょうか(イラン宗教的独裁国家なら、サウジアラビアやUAE,バーレーンなイスラム教信仰するアラブ諸国、批判する対象なの、批判ない
こそ、欧米の二枚舌いうべきでょうか ) IS。これがイランとは別の形でイスラームを政治や権力の柱とするサウジアラビアへ
の米 国の寛容な対応に示される二重基準の問題とも相まって。イスラーム政治
勢力?イスラーム圏そして イスラーム?イスラーム教徒への対応という一般的
問題に

焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化。サウジアラビアの最高宗教指導者の1人が今月。イスラム教徒はユダヤ人に「
激しい感情や火のような熱狂」をその3週間前には。アラブ首長国連邦
UAEがイスラエルとの国交正常化に関して歴史的な合意に達し。数日後に
サウジと緊密な関係には。世論の動きを探り。イスラエルとの関係正常化の
気運を促すための第一歩だったのは間違いないという。イスラエルとサウジの
今後の関係は。両国がともに脅威を感じるイランが鍵を握る面もありそうだ。

その番組は見てないですが、中東にはイランより悪い独裁国家はありますね。ただイランがテーマの番組だったからでしょう